スポンサーリンク

とっととくたばれ糞野郎

とっととくたばれ糞野郎 名言
©吾峠呼世晴/集英社
スポンサーリンク

胡蝶しのぶの名言・名セリフ
「とっととくたばれ糞野郎」

スポンサーリンク

概要

「とっととくたばれ糞野郎」とは、漫画『鬼滅の刃』に登場する胡蝶しのぶのセリフである。
163話(コミックス19巻)にて発言。

カナヲに頸を切られ、死後の世界に頭だけでいる童磨の元にしのぶが現れる。童磨がようやく死んで満足と言うしのぶに対し、

「ないはずの心臓がドキドキする」

「恋に落ちたみたい」

「一緒に地獄に行こう」

と言う童磨。それを聞いたしのぶがにこやかに一言、

「とっととくたばれ糞野郎」

人間の生き様に感動し、生まれて初めて恋に落ちた童磨を一蹴した一言である。

余談

2020年12月4日の新聞(朝刊)にて、鬼滅の刃23巻発売記念の広告が4面に渡って掲載された。新聞の1面に各キャラクターの笑顔が掲載されたのだが、胡蝶しのぶはよりによってこのシーンの笑顔が選ばれてしまっていた。(台詞は「きっと君ならできますから」に変更されているが…)
この影響で、「とっととくたばれ」がトレンド入りしてしまう事態に。

タイトルとURLをコピーしました