スポンサーリンク

映画『鬼滅の刃』先週末の興行収入46.2億円が“日本以外の国の興行収入合計を上回っていた”とニューヨークタイムズが報じる

鬼滅の刃 劇場版
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
スポンサーリンク

アメリカの新聞社ニューヨーク・タイムズは、2020年10月16日に公開された劇場映画『鬼滅の刃 無限列車編』の先週末の興行収入が、日本以外の国で封切られた映画の興行収入をすべて足したものを上回り、“世界最大のオープニングになった”と報じた。

ニューヨーク・タイムズは日本の『鬼滅の刃』人気とその理由について解説記事をWebで公開。「『Demon Slayer: Mugen Train』(『鬼滅の刃 無限列車編』)は、コロナ禍の中で、映画ファンをスクリーンの前に呼び戻してくれると、日本のファンと映画業界の双方が何ヵ月にもわたって期待していた」と紹介。

ハリウッド映画の大作が相次いで公開を延期している中、混雑した状況で長時間を過ごしても安全だと感じてもらえれば、観客は映画館に戻ってきてくれると示したことは特別な意味を持っていると記した。

そのほか、記事内では加藤勝信官房長官が2020年10月20日の記者会見で同作について語ったことに触れたり、西村康稔経済再生担当大臣が同作のヒットに関連してツイートした内容を紹介したり、早稲田大学客員教授のローランド・ケルツ氏への取材なども行っている。

劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』は2020年10月16日(金)に公開され、週末も合わせた公開3日間で動員342万493人、興行収入は46億2311万7450円を記録。日本国内でのオープニング成績としても歴代1位となっている。

劇場版
スポンサーリンク
鬼滅の刃ランキング
タイトルとURLをコピーしました