スポンサーリンク

心臓が口からまろび出る所だった

我妻善逸 名言 心臓が口からまろび出る所だった 名言
(C)吾峠呼世晴/集英社
スポンサーリンク

心臓が口からまろび出る所だった

指令を受けた炭治郎と善逸は、兄・清を探しているという子供、正一とてる子に出会います。そこは、鼓の音が鳴ると部屋の位置が入れ替わる、響凱の「鼓屋敷」でした。炭治郎とてる子、善逸と正一は離ればなれになってしまいます。

“正一くん”と行動することになった善逸は、鬼への恐怖から「死ぬ」と大騒ぎ! 道端での求婚シーンに引き続き、“下野紘劇場”が繰り広げられます。逃げ出そうとする善逸に対し、幼いのにド正論を吐く正一くんのセリフは必聴です。

「なんで外に? 自分だけ助かろうとしてるんですか? 死ぬとかそういうことずっと言っていて恥ずかしくないですか あなたの腰の刀は一体何のためにあるんですか?」

 借金を肩代わりしてくれた師匠に言われるがまま、鬼殺隊に入隊した善逸。炭治郎とは違い、命がけで鬼と戦う理由はないようなものです。それでも正一くんの言葉は刺さったようで、善逸は震えながらも歩を進めます。しかし、ちょっと正一くんから呼ばれただけで大騒ぎ。

「合図 合図 合図 合図をしてくれよ 話しかけるなら急にこないでくれよ 心臓が口からまろびでる所だった」

 さらに「もしそうなっていたら正しくお前は人殺しだったぞ」とたたみかけます。正一くんが声をかけたのは、あまりにも善逸の震えがひどかったから。善逸が怖がっていると自分も不安になると聞いて、善逸は泣き出します。

「やだ ごめんね でもな でもな!? あんまり喋ったりしてると鬼とかにホラ!! 見つかるかもだろ!? だから極力静かにしたほうがいいって思うの俺は どう!?」

 しかし善逸の願いもむなしく、鬼に遭遇してしまいます。膝が笑ってしまって立てなくなってしまった善逸は、自分を置いて逃げてくれ、と頼みますが正一くんは善逸を見捨てませんでした。そんな正一くんに、善逸は感動します。

「なんて好い子なんだ こんな怯えた“音“になってるのに 俺がなんとかしなきゃ 俺が守ってあげないと可哀想だろ!!」

 そして「享年が1桁とかあんまりだぞ」と妙に現実的なことを考えていた善逸でしたが、鬼に「お前の脳髄を耳からぢゅるりと啜ってやるぞォ」と言われて失神してしまうのです。

 恐怖と責任感でパンクした善逸は、眠ったまま「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃(いちのかた へきれきいっせん)」で鬼の首をはねます。ヘタレの善逸が覚醒する、まばたきをしたくないシーンです。

タイトルとURLをコピーしました